FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
正月明けは週末でも温泉旅館に空きが出るので、川治温泉へ行ってきました。
しかし、予約を取った日に今季最大の寒気が入り、日光市に入ってから雪が降り始めました。

雪の川治温泉街
川治温泉街雪
晴れの川治温泉街
川治温泉街晴れ
鬼怒川・川治にはライブカメラがあり、前日までは夜の降雪が昼に融けるような感じでした。
当日は、宇都宮市内は晴れていたものの、鬼怒川温泉以北は写真の様に道路が圧雪状態になっていました。
流石にこの週末は車で来る人も少なく、多くの人が電車や送迎バスを利用していた様です。

翌日も寒気が入ったものの、碧落一洗の如く晴れ渡り、雪化粧の温泉街を一柳閣の最上階から見渡せました。
一晩で20cm位積もった様で、雪質もパウダースノーであり、強風が吹けば尾根に煙が上がる様に雪が舞い上がります。
降雪地帯の温泉地は、晴れれば空の青と雪の白が成す雪景色が見られるので、交通手段さえ確立できればお勧めできます。


雪見露天風呂
一柳閣露天風呂
国道121号線
国道121号線
今回泊まった一柳閣には露天風呂があるので、チェックアウト前に雪見風呂を愉しんできました。
露天風呂までの飛び石がガチガチに凍っていましたが、風呂は熱めなので足はすぐに温まります。
行き帰りが雪で戦々恐々なので、旅館にいる間はその雪を十二分に愉しませてもらいました。

その戦く帰路ですが、早朝に除雪車が通るので日向は雪が融けているものの、日陰は雪国の状態でした。
夏タイヤのジムニーで行ったので、四駆に入れれば発進は問題なくできます。
只、停止は困難なので、時速30km/h以下で走行し、前の車と車間距離100m以上、直線路では適宜ポンピングでブレーキの雪を落としながら走っていました。
減速はエンジンブレーキを使い、10km/h以下でフットブレーキにすれば何とか止まれますが、精神的な疲労が大きいのでスタッドレスタイヤを履いた方が賢明です。


今回の(゚д゚)ウマー
煮チャーシュー麺
麺らいけん
一柳閣夕食
一柳閣夕食
芳賀町の国道123号線を通る際に、いつも行列ができて気になっていた麺らいけんで煮チャーシュー麺を食べてきました。
塩ラーメンの専門店で、出汁の利いたスープとそれに絡む麺、そして柔らかいチャーシューのバランスが取れた美味の一品でした。

一柳閣を含め、伊藤園は冬になるとバイキングにカニや鉄板焼きの食べ放題が追加になり、客足の鈍る平日は更に豪華になるようです。
この日も上記の他に寿司や刺身も食べ放題だったので、ビールやハイボールの肴に飽きることはありませんでした。


今回の宿:川治温泉 川治一柳閣本館
 料理・温泉は上記の通りで、ゲームコーナー以外の遊興機器は無料で利用が可能です。
 IN3時、OUT12時でチェックイン前でも管内設備は一部利用可なので、最大24時間位居ることができます。
 川治温泉街の中心に立つビルのような建屋なので、最上階にある展望露天風呂からは絶景が広がります。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/407-1a43d948
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ