FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
薩摩半島南下で指宿に行く事も考えましたが、連休で大混雑が予想されたので大隅半島南下にしました。
ゴールデンウィークでも平日ならば指宿・山川の砂蒸しは混みませんが、休日は厳しい様です。

佐多岬
佐多岬2017
神川キャンプ場
神川キャンプ場
大隅半島を南下するのならば、やはり最果てまで行きたいので本土最南端の佐多岬を目指します。
佐多岬へ行くのは今回で三回目ですが、いわさきグループから県の方へ譲渡された後、岬近辺は工事中で今回は御崎神社までしか行けませんでした。

写真にあるクレーンが置いてあるのが嘗てのレストハウスの場所で、数年前までは徒歩でここまで行けました。
工事終了後はガイド付きで更に南の真の最南端まで行けるようになるようで、灯台のある島を望めるような所まで行けるようです。
(工事竣工は平成30年3月末の様です。)

佐多岬の近くに大泊野営場もありますが、佐多岬に行くときは近くに温泉やコンビニのある神川キャンプ場に行ってテントを張っています。
夏季は有料ですが他の時期は無料開放しており、目の前が海の夕日の奇麗なキャンプ場です。
すぐ後ろが交通量の多い幹線道路なので、音が気になる方は耳栓を持って行った方が良い様です。


溶岩道路
溶岩道路
人吉温泉元湯
人吉温泉元湯
翌日、人吉に向かうのに時間に余裕があったので、桜島をぐるっと周遊してきました。
訪問時、お誂え向きに火山からの降灰があり、写真の路側帯の色が違うのは降灰によるものです。
降灰の影響も限定的で、今回は道の駅やフェリーターミナル近辺のみであり、他の地区は灰の影響がなくゆっくりツーリングを愉しめました。

人吉は熊本南端の山間部でありながら結構大きな街であり、温泉も沢山あり、くま川鉄道の駅は人吉温泉駅を名乗っています。
市内に共同浴場が幾つかありますが、一番歴史のありそうな元湯を200円で入ってきました。

湯の出るカランが二か所で、石鹸・シャンプーはありませんが、旅慣れしている方なら携帯しているので問題はないでしょう。
泉質は単純泉のようで、柔らかく適度に調整された温度の湯で、湯上りもさっぱりした気分になれます。


今回の(゚д゚)ウマー
ヒレカツ定食
根占ヒレカツ定食
海鮮丼
海鮮丼
ザボンラーメン
ザボンラーメン
ちゃんぽん
ちゃんぽん
旧根占町は日本最南端の養豚をやっている所の様なので、道の駅根占で最南端のヒレカツ定食を食べてきました。
食べごたえのある鹿児島豚のヒレカツで、付け合わせに地元の食材が色々付いてきました。

神川キャンプ場の近くにあるトロピカルガーデンかみかわは、入浴前に食事を注文しておけば、入浴後にすぐに食事が頂ける便利な施設です。
目の前が海なので今回は海鮮丼を頂き、地元民向けの施設なので、他メニューを含め安価な値段で食事が提供されています。

鹿児島ラーメンの名称があるように、鹿児島と言えばラーメンなので、今回も空港近くでザボンラーメンをセットで頂いてきました。
豚骨ベースなのにしつこさはなく、味付けは濃いめなので注意書きの様によくかき混ぜて食べて、ラーメンと言う物を充分満喫できます。

九州へ行ったらちゃんぽんが食べたかったので、九州でチェーン展開しているうちだ屋で、鳥飯セットのちゃんぽんを食べてきました。
うちだ屋は基本うどん屋ですが、50円プラスでちゃんぽん麺も提供しており、野菜沢山のちゃんぽんが食欲を満たしてくれます。


今回の宿:Simple Sleep
 悪天候で急遽取った簡易宿泊所ですが、アコーディオンカーテンで一定のプライバシーは守られ、エアコン・テレビも個室単位であるので快適に過ごせます。
 風呂場はありませんがシャワールームがあり、冷蔵庫も共用のものならあります。
 食事は談話室で取るような感じですが、食堂も併設しているので、日によっては食事付きのプランもあります。
 近くに店舗の類はないので、コンビニやスーパーを利用する方は車やバイクでちょっと走る必要があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/417-75ff817a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ