FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
今年の盆休みの北海道は太平洋側が連日雨だったようで、北寄りの方が雨が降りにくかったようです。
中標津から層雲峡へ行くのに、帯広経由のルートもありましたが、天気の良さげな北見回りにしました。

開陽台牧場
開陽台牧場
摩周湖
摩周湖2017
ライダーの聖地のような扱いになっている開陽台でしたが、曇天ではあまり見所もありません。
展望台の下には結構勾配のある牧場が広がっており、日によっては放牧している牛が見受けられます。
写真の右手の方に見えるのはオフロードのバイクで、広大な牧場内をバイクを使って整備や牛追いなどを行っている様です。

麓が晴れていても視界が数メートルになる事もある摩周湖ですが、この日は曇天でありながら湖面を見る事が出来ました。
霧の摩周湖とは言いますが、確率1/2位で湖面を見る事が出来ているので、函館山からの夜景よりも見える確率が高いと思われます。
国立公園内の駐車場はバイク200円ですが、摩周湖は硫黄山と共用なの半券でもう一方が無料で利用できます。


硫黄山
硫黄山2017
層雲峡温泉
層雲峡温泉街
半券もあったので山を下って、そのまま硫黄山へ行ってきました。
写真の様に蒸気の立ち昇るすぐ近くまで行く事ができ、硫黄山の蒸し卵は山の方ではなく売店の方で売っています。
正式な売店でしか蒸し卵は買えなくなったので、卵売りの注意看板表記がちょっとだけ変わったようです。

今回宿泊したホテルからちょっと離れた所に層雲峡温泉の温泉街があり、一般的な温泉街とは違い欧米風の通りや建屋で統一されています。
建屋内は普通の温泉街と同様に土産物店や日帰り温泉施設などがあり、観光客相手に夜まで営業している様です。
温泉に入る時間が取れない方は無料の足湯もあるので、石北峠・三国峠前後の休憩地として利用する手もあります。


今回の(゚д゚)ウマー
エゾシカバーガー
エゾシカバーガー
ホテル夕食
層雲峡ホテル夕食
千歳鶴
千歳鶴
ジビエかどうか分かりませんが、摩周の道の駅でエゾシカのハンバーガーと地元の低温殺菌乳で昼食にしました。
脂肪少なめのあっさり系のハンバーガーで、脂肪の味の濃い牛乳と合わせ満足のいく組み合わせのメニューでした。

夜は宿泊した層雲峡観光ホテルで、ズワイガニ食べ放題のバイキングで夕食となりました。
選んだ酒は札幌の千歳鶴 純米生酒で、中口でフレッシュな飲み口の一献がホテルオリジナルのラベルで出てきます。
バイキングのメニューは一般的な物が多いのですが、酒は強気の価格設定で色々な種類の物が置いてあります。
旨い酒で蟹が食い放題なので、どんどん酒も蟹も進みます。


今回の宿:層雲峡温泉 層雲峡観光ホテル
 食事に関しては上記の通りで、温泉大浴場はとても広く、湯着を着て入る混浴の露天風呂は層雲峡温泉最大です。
 宿泊するタイミングにもよりますが、安いビジネスプランでも高層階のダブルルームなのでゆったりと寛ぐことができます。
 徒歩圏内に温泉街とちょっと有名なセブンイレブンがあり、買い出しに困る事もないと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/425-06ca04a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ