FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
福島へ行く用事があり、また折角なので飯坂温泉に一泊してきました。
今年だけで4回行っており、温泉街の地図が頭の中へ入ってきています。

旧堀切邸(雪)
旧堀切邸(雪)
入舟浴場
旅館入舟浴場
今年は寒くなるのが早く、温泉へ行った日の前々日辺りまで福島市で雪が降っていました。
温泉街内は雪もなくなり乾燥状態でしたが、旧堀切邸の庭には雪が残り、雪の広がる景色が見られました。
足湯は堀切邸とちゃんこちゃんこの湯があり、熱くて入れないちゃんこちゃんこの湯も冬なら良い具合に温度が下がっています。

今回宿泊した旅館入舟も源泉かけ流しの湯船で、源泉を竹樋で湯船外に流す事により温度を調整しています。
飯坂温泉の源泉温度は60℃あり、空腹や疲労状態で入浴すると湯あたりする可能性があります。
宿到着後、休憩がてら温泉饅頭でもつまんでから温泉に入るようにすれば、湯当たりせず気分良く入浴できます。


今回の(゚Д゚)ウマー
旅館夕食
入舟夕食
風が吹く
風が吹く
旅館朝食
入舟朝食
牛すじ丼
牛すじ丼
飯坂温泉は宿泊料金が安くても、料理が沢山出る宿が多くあり、旅館入舟もその一つです。
夕食は写真の他に、揚げたての天ぷらと食後の果物が出てきて、合計7品出てきます。
冷蔵庫のビールも大瓶でありながら500円であり、良心的な価格になっています。

今回途中の酒屋で購入したのが、会津美里町の風が吹くで山廃純米吟醸生酒の中取りです。
酒のスペックから味も香りも濃く飲みごたえのある酒ですが、スッキリとした中口程度の飲み口で食中酒にも合う酒です。

翌日の朝食も品数多めで、飯坂温泉の名物であるラジウム卵も出てきていました。
平日はビジネス客もターゲットにしているので、御飯も充分に出て仕事に邁進できるようなメニューです。

帰りに平田の道の駅で昼になったので、石川牛の牛すじ丼で昼食としました。
トロトロになるまで煮込んだ牛筋に、沢山のつゆが掛かったつゆだく牛すじ丼で、量もあるので十分に腹が膨れました。


今回の宿:飯坂温泉 旅館 入舟
 共同浴場の仙気の湯のそばにある小規模な旅館で、格安でありながら上記の温泉と料理が楽しめます。
 建屋は古いのですが清掃が行き届いて清潔感があり、冷房はクーラー、暖房は石油ファンヒーターになっています。
 駐車場有・飯坂温泉駅徒歩10分位なので、ビジネスユースとしても便利な宿です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/436-26b5504b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ