FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
埼玉に行く用事があったので、そのまま足を伸ばして小鹿野の温泉宿へ行ってきました。
小鹿野の温泉はバイクの森の近辺にありますが、そのバイクの森はつい先日倒産してしまったそうです。

梁山泊露天風呂
梁山泊露天風呂
秩父夜景
秩父夜景
小鹿野町はバイクによる町興しをしており、バイクの森があった時は日帰り入浴施設もありました。
バイクの森閉館で日帰り温泉も閉館になりましたが、近くには梁山泊と言う格安の温泉宿があります。
梁山泊は要予約で食事付きで日帰り入浴もできるようです。

その梁山泊ですが内風呂と露天風呂があり、丘の上にあるので露天風呂から眼下に小鹿野の町が望めます。
内風呂にはジャグジーも付いているので、温泉につかりながら腰や背中の疲労を癒せます。

昔に比べてイベントが増えており、夜になると秩父ミューズパークへ夜景展望のバスが出ます。
大雨や雪でもない限りほぼ毎日運航している様で、展望台からは秩父駅を中心とする写真の様な夜景が望めます。


今回の(゚Д゚)ウマー
佐野ラーメン
佐野ラーメン大和
梁山泊夕食
梁山泊夕食
骨酒
骨酒
行きのルートで佐野を経由したので、青竹手打ラーメンの大和でチャーシュー麺で昼食としました。
手打ちの縮れ麺に出汁の利いたスープがよく絡み、肉厚のチャーシューが食欲をそそります。
平日は肉飯セットのランチメニューもやっており、またギョーザも一つが大きく、値段の割には量があるメニューです。

梁山泊での夕食は普通プランでも品数多めですが、今回最上級プランで申し込んでおり、猪鍋から御造りに至るまで10品以上出てきました。
写真の食事の後に、シメとしてざるそばが普通に一人前出てくるので、充分に腹が膨れます。
最上級プランは割増の値段の割には酒が1本無料だったり、他にもサービスが追加されたりするので、意外にお得なプランです。

酒のメニューにはありませんが、梁山泊では岩魚の骨酒があります。
新鮮な焼き岩魚から出る旨味成分が、日本酒にいい具合に溶け出し、熱燗が苦手な人でもおいしく頂けます。
1200円ですが、酒300ml位と新鮮な岩魚の使用を考えると妥当な価格だと思われます。


今回の宿:秩父小鹿野温泉旅館 梁山泊
 風呂と食事は上記の通りで、夕食は部屋食で朝は食堂と言う形になります。
 風呂・トイレ・洗面は共同で、冬季間は部屋に炬燵が置いてあり、若干広い部屋のプランは離れになっており禁煙室対応もしてもらえます。
 コンビニまでは少々距離があるので、秩父市方面から来る方は途中で買い出しをしてきた方が良いです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/442-c1799c5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ