FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
ゴールデンウィークのロングツーリングに備え、山梨へバイクの具合確認としてツーリングに出ました。
今年は桜の開花が早く、桃と桜の花見ツーリングとなりました。

ピーチライン
ピーチライン
石和温泉桜(さくら温泉通り)
石和温泉桜
去年と同様に奥多摩経由で行ったので、国道411号線からピーチラインに入り桃の花見ツーリングから始まります。
桃の方が開花時期が若干遅いらしく、去年に比べて花はまだ少なめでした。
それでも高台の方から望めば、眼下に桃源郷が広がります。

石和温泉のさくら温泉通りは毎度散り初めで花筏の観賞でしたが、今回は満開の桜が川の両岸に咲き乱れていました。
足湯広場には花桃の花が咲き、通りの終端には冬桜が咲いており、まさに百花繚乱です。
通りの中ほどに屋台も出ており、手ぶらで花見と飲食を愉しむ事が出来ます。


武田通り桜
武田通桜
白い氣守
白い気守り
もう一つの桜の名所である武田通りの桜を見に行き、写真の様に神社から坂の下まで満開の桜並木が続いていました。
桜が狭い間隔で生えているので、散り際の頃は視界を遮る程の見事な桜吹雪になります。
因みに武田通りは交通量が多いので、用が無ければ一本東側の道の方が空いてて走り易くなっています。

帰り道は雁坂トンネルを経由したので、途中にある三峯神社に寄り、毎月朔日限定の白い気守りを受けてきました。
徹夜組で朝方は神社内も大混雑らしいのですが、昼前に行ったら粗方捌けており、お参り-お守り-御神木のルートで1時間位でした。

この日は年度初め・晴天・日曜・大安の好条件が重なり、最大で26㎞の渋滞が発生しお守りを受けられず帰宅した人が多くいたそうです。
中には2日仕事で来る人もいるようですが、私は実質2時間寄り道のような感じで済みました。
御神木の封入された特別なお守りにあやかって、今年度は上り調子になって欲しいものです。


今回の(゚Д゚)ウマー

鹿肉カレー
鹿肉カレー
ほうとう
ほうとう
青煌玄武
青煌玄武
わらじカツ
わらじカツ丼
道の駅たばやまの下にのめこい湯の温泉があり、そこの食堂で鹿肉のカレーで昼食としました。
村内で駆除した鹿の肉を用い、カレーで匂いが抑えられ、よく煮込む事で筋張った感じもなくおいしいジビエのカレーでした。

久しく山梨でほうとうを食べていなかったので、奥藤本店でほうとうを食べてきました。
切った野菜が初めから入っており、火が通るにつれて麺を投入、味噌で味付けと言うセミセルフな感じの一品です。
沢山の野菜と、自分好みの麺の食感でほうとうを満喫できるので、このセミセルフ形式は中々いいアイデアです。

その日の夜の晩酌酒に選んだのが北杜市の地酒青煌で、四神シリーズ最後の玄武であり純米生原酒になります。
花酵母特有の香りと、原酒のしっかりした飲み口である一方で呑みやすいと言う、呑んで幸せになる一献でした。

翌日は帰り道に小鹿野町に寄り、肉屋併設の東大門でB級グルメのわらじカツ丼で昼食にしました。
カツ自体は小鹿野町内では並の大きさで、カツに絡む店特有の甘辛いタレが食欲をそそります。
沢山食べたい方はメガわらじカツ丼もありますが、一気に量が増えるのでご注意ください。


今回の宿:甲府昭和温泉ビジネスホテル
 朝食が200円で、宿代も格安でありながら温泉も入れるので、お気に入りの宿の一つです。
 日帰りの常連客の利用が多い様で、サウナを含め混んでいる感じですが、深夜・早朝は結構空いています。
 甲府市国母地区にスーパー・コンビニ・飲食店が多くありますが、1~2km位離れているので、適宜車・バイクでの移動が必要です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/444-94fcbba8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ