FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
去年、雲仙温泉を日帰りで利用し、雲仙温泉が気に入ったので今年は泊まりにしてみました。
噴気が立ち込める地獄からの硫黄泉で、旅の疲れも癒されます。

昇開橋
昇開橋
ミヤマキリシマ
ミヤマキリシマ
新門司から長崎に向かう途中に旧佐賀線の昇開橋がありますが、今まで月曜日に行っていたので立ち入り禁止でした。
この日は月曜日でも祝日だったので、客の来訪に応じて昇開橋を上下する所が見られます。
昇開橋の佐賀県側にはドロンパと言う物産館があり、往復20分位で佐賀と福岡間を往復できます。

今年は暖かい日が多かった所為か、九州自生のツツジであるミヤマキリシマが雲仙温泉や仁田峠に多く咲いていました。
別名雲仙ツツジの名称があり、長崎県の県花になっています。
ミヤマキリシマは生命力が強いのか雲仙温泉の地獄内でも咲いており、上記写真のすぐ裏手も地獄になっています。


雲仙スカイホテル大浴場
雲仙スカイホテル大浴場
温泉街早朝
雲仙温泉早朝
雲仙温泉の源泉は沸騰水として出てくる地獄谷の温泉なので、湯船の温度も高めで浴室の窓も解放されています。
洗面台も洒落たカーボンブラックの蛇口になっていますが、メッキの面影も無い位に濃い硫黄で黒変化しています。
上がり湯を浴びないと匂いが残ると言う程ではないので、湯上り後の温泉効果も充分受ける事が出来ます。

雲仙温泉に宿泊したら、早朝の温泉街や地獄谷の散策をお勧めいたします。
朝の方が気温が低く水蒸気が凝集しやすいので、写真の様な膨大な量の湯煙を見る事が出来ます。
夜の地獄めぐりツアーもやっていますが、朝は人がいないので、ゆっくりと地獄を見まわる事が出来ます。


今回の(゚д゚)ウマー
トルコライス
トルコライス
スカイホテル夕食
スカイホテル夕食
杵の川
杵の川
長崎の御当地グルメで、別名大人のお子様ランチであるトルコライスを、愛野展望台にあるおにつかで頂いてきました。
おにつかのトルコライスはライスがサフランライスになっており、そこにトンカツとデミグラスソースとおかず諸々が付いています。
カロリー高めで結構腹が膨れますが、バイクに乗っている人には丁度良い具合の量です。

今回宿泊した雲仙スカイホテルは、島原地方の郷土料理である具雑煮や素麺の他、地元具材の茶漬けバイキングがあります。
夕食のメニューは山の中の温泉ですが、海に囲まれた半島なので、魚物が多かった気がします。

今回の食事に合わせたのが、長崎県諫早市の杵の川本醸造生貯蔵酒です。
やや辛口の食中酒として合う酒で、魚メインのメニューに料理の味を引き立てる一献でした。


今回の宿:雲仙温泉 雲仙スカイホテル
 雲仙温泉は一人で泊まれる宿が少ない中、その中でもこのホテルはお一人様OKで且つ比較的安価に泊まる事が出来ます。
 立地も温泉神社のすぐ近くで、土産屋・小規模コンビニ・個人経営の酒屋等が徒歩圏内にあります。
 バイクもエントランスの庇部分に停められるので、雨の日でも問題はない様です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/447-f0c4a392
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ