FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
前日に引き続き、朝から停電になるような大雨となったので、垂水から野々湯温泉へ直行です。
野々湯温泉は霧島温泉郷の一つで、霧島温泉郷の中でも標高の高い所にある温泉です。

湯治長屋
長屋
大浴場
野々湯温泉
今回泊まった部屋は左写真の湯治長屋で、部屋は6畳の共同アパートのような造りになっています。
共同の台所と冷蔵庫があり、文字通り湯治の為に格安で宿泊する様な設備になっています。
バイクは写真の様に庇の部分に駐輪できるので、大雨でも荷物の出し入れは苦になりません。

野々湯温泉は標高が高い所にあるので、気温が低めでGWでも湯治長屋の各部屋にはコタツが置いてあります。
エアコンが無いので濡れた物の乾燥に困りましたが、コタツに突っ込んで置けば大概乾きました。
また3人以上で泊まる際は一戸建てのプチハウスやログハウスがあるので、若干宿泊料は上がりますがプライベートは保持されます。

野々湯温泉も火山帯の上にある温泉で、大浴場は薄濁りの硫黄泉が内湯と露天風呂で繋がっている構造になっています。
右写真奥の階段を登ると温泉蒸気を利用した天然のミストサウナになっており、窓の奥には水風呂もあります。

内湯はかなり温度高めですが、露天風呂はいい具合にぬるくなっているので長湯が出来ます。
硫黄で黒変化したユニットバスが外に置いてあるので、露天でも高温湯にも入れ、いろいろなパターンの温泉が愉しめるようになっています。


今回の(゚д゚)ウマー
ざぼんラーメン
ザボンラーメン
炭火焼肉
野々湯温泉夕食
旅の途中
旅の途中
今回も鹿児島空港の近くを通過したので、空港店のさぼんラーメンに入り鹿児島ラーメンで昼食としました。
豚骨ベースのスープですがしつこくなく、野菜やチャーシューが多めに入った中細面のラーメンで充分食欲を満たせます。
大根の漬物は無料で食べられるので、ラーメンが脂っぽいと思っても漬物で脂が流せます。

野々湯温泉は夏季限定で焼肉をやっており、鹿児島和牛・黒豚、宮崎地鶏の肉を一人前からでも炭火で愉しむ事が出来ます。
写真右が野々湯温泉オリジナル芋焼酎旅の途中で、温泉水造りの焼酎で香り高く飲みごたえのある焼酎です。
上質な九州産の肉を炭火でじっくり焼いて、そこに地酒を一献傾けるのは至福の一時です。

因みに、野々湯温泉は普通の温泉懐石もやっており、冬場は鍋懐石もやっている様です。
あと、旅の途中は結構好評の様で、チェックアウトの時には残り2本になっていました。


今回の宿:野々湯温泉
 設備・食事・温泉は上記の通りで、霧島温泉郷の中では数少ない御一人様OKの宿です。
 飲料用温泉水をペットボトルで販売していますが、空容器を持ち込めば1ℓ 30円での販売もしています。
 山奥なので水道水は山水で雨が降ると濁りますが、飲料用にはパックの温泉水が飲み放題になっているので自炊や部屋呑みも問題なくできます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/449-59b8d2e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ