FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
宮崎は神話のふるさとであり、特に高千穂町は縁が深くなっています。
厄払いを兼ねて、高千穂の神気にを受けてお参りをしてきました。

天岩戸神社
天岩戸神社
アメノタジカラオ
アメノタジカラオ
天岩戸と言われる箇所は日本全国にあるようですが、高千穂町には天照大神を祀り、その天照大神が隠れた岩窟を御神体とする天岩戸神社があります。
また御神体の岩窟は左写真本殿の真後ろにあり、社務所に申請すれば御神体にお参りすることもできます。
8年位前には岩窟の存在が遥拝所から確認できたのですが、今は浸食と木々の繁茂で岩窟の位置が良く分からなくなっていました。

御神体にお参りする時に、神職の方から日本神話と皇族との関係の話などを聞くことができ、天岩戸は宮崎から長野へ飛んで行ったとの事です。
その時に岩戸を投げたのがアメノタジカラオであり、神社の入り口に彫像となっていて、両手で抱えているのがその天岩戸の様です。
因みに長野に投げられた天岩戸は、再度天照大神が隠れないように隠されてしまい、その戸を隠した村と言う事で戸隠村が出来たとの事でした。


高千穂神社
高千穂神社
高千穂峡(真名井の滝)
高千穂峡
高千穂町の街中に近い所に高千穂神社があり、皇族の祖である高千穂皇神と十社大明神を祀っています。
樹齢の高い御神木に囲まれた落ち着いた感じの社殿があり、神楽殿ではほぼ毎日夜神楽として神楽の一部が執り行われています。

高千穂神社・道の駅・高千穂峡は勾配こそありますが、健脚ならば徒歩圏内にあります。
高千穂神社から車道を通り、高千穂峡の代名詞となっている真名井の滝まで30分位で、遊歩道を通れば高千穂神社の裏手に戻ってくることができます。
高千穂神社-高千穂峡はかなり高低差があるので、帰りの登り坂を木陰の多い遊歩道にする方が楽だと思われます。

連休中の高千穂町内は恐ろしいほどの渋滞をしますが、バイクならば駐車場の隙間に停められます。
真名井の滝は写真の様にボートで近づく事も出来ますが、行楽シーズンは予約困難だと思われますので、思い立ったら予約を入れた方が良いです。


今回の(゚д゚)ウマー
高千穂牛丼
高千穂牛丼
柚子とり天
柚子とり天
高千穂町とその周辺では高千穂牛を言うブランド牛があり、その牛肉を使用した牛丼があったので道の駅で昼食としました。
充分柔らかくなるまで煮込まれた牛肉と玉ねぎに、甘辛く味付けされたタレが十分にしみ込んで質も量も満足できる一品でした。

宿泊地に別府を選んだので、大分の御当地グルメであるとり天発祥の東洋軒で、柚子とり天定食で夕食としました。
思ったよりも柚子の香りがし、その香りを愉しむために塩で頂く鳥の天ぷらと唐揚げの中間の様なメニューでした。
因みに多客期は中間閉店無しで営業していますが、とり天以外のメニューは夕方は5時以降からになります。


今回の宿:別府温泉 ホテル松美
 ビジネスホテルですが、館内に天然温泉の大浴場があり、ホテルの前には格安の共同浴場もある温泉に恵まれたホテルです。
 駅の近くでコンビニも近くにあり、ちょっと行けばスーパーもあるので買い出しには困りません。
 バイクは青空駐車で無料で止められますが、駐輪場が狭く傾斜がるので停める方向には気を付けてください。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/451-2ca91c72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ