FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
梅雨明けして猛暑に突入しましたが、その暑気を払うために会津の大塩裏磐梯温泉へ行ってきました。
会津は旨い酒と温泉と走って楽しい道があるので、何度行っても飽きません。

大塩裏磐梯温泉街
大塩温泉街
ホテル観山温泉
観山温泉
上の写真は宿のベランダから撮った物であり、深い山間の中に数件の温泉宿が建っているような感じです。
夏なので日射しこそ強いものの、標高自体は高いので気温も湿度も低く麓より快適に過ごせます。

猪苗代方面からならゴールドライン、福島方面からならレイクライン経由で来られるので走りを愉しむ事も出来ます。
只、裏磐梯を横断する国道459号線は、県道2号線交差点のコンビニと裏磐梯・つちゆの道の駅位しか休憩箇所が無いのでご注意ください。

大塩裏磐梯温泉は名前の通り塩化物泉で、源泉をなめると少々塩辛い味がします。
山塩としても生成される食塩成分と、高めの温泉温度で風呂上りも暫くは体の保温効果は続きます。
宿の露天風呂は源泉の都合上温泉ではありませんが、夏の夜は運が良ければ露天風呂に蛍が迷い込みます。


今回の(゚Д゚)ウマー
チャーシューメン
来夢チャーシューメン
観山夕食
観山夕食
タレカツ丼
伊達鶏タレカツ丼
経由地の猪苗代町の来夢で、喜多方チャーシューメンで昼食としました。
縮れ麺に絡むスープは鹹味がやや強く汗をかいた体に染み渡り、また猪苗代店はチャーシューメンに煮卵が入っています。

今回宿泊した観山は安価な宿泊費の割に食事の品数が多く、ジュースかお銚子一本がサービスで付きます。
サービスの日本酒はオリジナルの観山ですが、中身は榮川の普通酒で榮川特有のスッキリとした飲み口の酒でした。
料理は陶板焼きに馬刺し・山菜の天ぷらと地元メニューの物が出てきて、酒の肴としてもおかずとしても充分愉しめました。

翌日は伊達市梁川の伊達のからあげ屋で、伊達鶏のタレカツ丼で昼食です。
大きめのタレチキンカツが4枚乗っており、充分に食べごたえがあって食べきれない分は包んで持ち帰りもできます。
日曜日が交互に伊達鶏のラーメンかタレカツ丼が割引になっており、この日はタレカツ丼が割引日でした。


今回の宿:大塩裏磐梯温泉 塩姫の湯 ホテル観山
 温泉と食事は上記の通りで、部屋のエアコンは充分に効いているので入浴後の休息も充分に取れます。
 周辺に店舗の類は無いので、買い物をする方は喜多方・猪苗代の街中か、上記のコンビニで済ませてください。
 山の中で電波が入りにくくても、ロビーにWi-Fiが用意されているのでソファーに掛けて通信を愉しむ事が出来ます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/456-ba00a620
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ