FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
来年度末で石勝線夕張支線区間は廃線になるため、乗車及び巡回を行ってきました。
この日から雨続きだったので、幸か不幸か夕張支線をじっくり回ることが出来、乗車も二往復することが出来ました。

夕張駅
夕張駅
夕張駅夜
夕張駅夜
嘗ての夕張線は複線を擁し、終点の夕張駅は掘り出された石炭を集約する一大ターミナル駅でした。
炭鉱閉山後は路線がどんどん短くなり、今は夕張リゾートのアクセス駅となりましたが、鉄道利用者の多くは地元の方のようです。

夕張の中心地は夕張駅近辺であり、特急の止まる新夕張駅よりも都市機能や観光施設が揃っています。
写真の様に夕張駅裏手にはホテルマウントレースイがあり、温泉の日帰り利用も出来るので夕張駅来訪がてら温泉も愉しむ事も出来ます。

夕張と言えば幸福の黄色いハンカチのラストシーンの舞台であり、夕張支線や夕張駅近辺は黄色いハンカチをイメージしたものが沢山あります。
夜の夕張駅の連絡通路は写真にあるように黄色の小旗と照明で、黄色いハンカチをイメージしたライトアップが行われています。
写真のライトアップは運行的に最終列車でしか見られないので、見られるのは地元の方と物好きな観光客だけです。


南清水沢駅
南清水沢駅
ポスター類
夕張支線ポスター
夕張支線沿いは嘗て沿線人口も多く駅舎も頑丈な造りになっており、殆どが開業当時の駅舎を使用しています。
その中でも唯一の有人駅(簡易委託)が南清水沢駅であり、他の駅舎より生活感があって時間限定で切符も売っています。
他の駅も地元有志の方達による掲示物や駅ノートもあるので、バイクで巡回しても愉しみはあります。

以前にふるさと銀河線(旧地北線)があった時は松本零士氏による999列車があり、今回の廃線に際しても夕張支線用のポスターが氏により作られていました。
また、実行委員会による夕張の幟も作られており、廃線による観光客減を回避する活動も見受けられます。
夕張市中心は岩見沢や富良野方面から苫小牧・千歳に向かう際に通過ポイントにもなるので、寄り道がてらの観光も可能です。


今回の(゚Д゚)ウマー
もりそば
からまつ園もりそば
味噌ラーメン
よし乃味噌ラーメン
国士無双
国士無双虚空
昼食時に奈井江町を通過となったので、地元ナンバー多めのからまつ園にてもりそばで昼食としました。
蕎麦は浦臼産の牡丹そばを使用しており、もりは辛口、ざるは甘口とそばつゆを分けています。
香りも味もしっかりした蕎麦を堪能でき、地元車だけでも昼時は順番待ちになるのがよく分かります。

旭川迄来たので夜はラーメンを食べに出かけ、旭川と言えば味噌な感じがあったのでよし乃 本店で味噌ラーメンを食べてきました。
沢山の野菜の使った具材と、濃厚なスープに絡みつく麺が食欲を十分に満たしてくれました。(写真は並盛です。)

宿泊した宿の近くに高砂酒造の酒蔵があり、直売所や今期はやっていませんが要予約で工場見学も行っています。
その直売所にあった高砂酒造唯一の甘口酒である国士無双虚空を購入し、その日の晩酌酒としました。
甘口と言っても国士無双自体が辛口なので、やや甘い中口の飲み口であり、食中酒にも合うような酒でした。


今回の宿:オスパーコート宮前
 元々は仮眠室のある24時間営業の小さな健康ランドのようなサウナで、併設しているワンルームマンションをホテルとして提供しています。
 徒歩圏内に飲食店やスーパー・コンビニがあり、旭川駅から徒歩圏内ながら駐車場も無料なお得な宿です。
 入口脇にひさしのあるスペースがあり雨の日のバイクも利便性が高いのですが、車が止まる事もあるので利用する方はお早めに。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/460-c293028d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ