FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
この日から雨が強くなったので、宿と宿を最短距離で移動するツーリングになりました。
雨に打たれて真夏なのに寒くなり、宿に到着後の温泉が体に沁みます。

歌登温泉
歌登温泉
駐輪場
歌登温泉駐輪場
グリーンパークホテルの源泉は上流にある朝倉温泉の引き湯であり、冷泉なので加温して使用しています。
源泉沸かしたての朝倉温泉の方が纏わり付く強力な炭酸を愉しめますが、週末の夕方以降の限られた営業時間です。

グリーンパークホテルは若干炭酸は弱まりますが、ラムネのような炭酸泉を毎日利用でき、日帰り入浴もやっています。
また翌朝になると炭酸は抜け気味ですが、pHに変化があるのか温泉が染みるような感じに変化し、同じ温泉を二度愉しむ事が出来ます。

引き湯の量もあり温泉湯船は小さめですが、プールの様な大浴槽とアロマ湯の中浴槽・サウナも浴室内にはあります。
漫画本設置の休憩所とレストランも併設されているので、入浴後はそちらで休憩・食事をとる事が出来ます。

今年からエントランス前に駐輪場としてタープテントが設置され、雨の日でもバイクの来訪が便利になりました。
因みにタープ内が満車の時は、少し下った所に除雪車の車庫があるので、そこの庇を使えば雨除け駐輪が出来ます。


今回の(゚Д゚)ウマー
音威子府蕎麦
一路食堂音威子府蕎麦
ホテル夕食
歌登夕食
音威子府には特産の黒い蕎麦を提供する食堂が三店舗あり、共通して村内の畠山製麺の蕎麦を使っています。
今回は一路食堂にて、遠別産の長芋を使用したとろろそばで昼食としました。
やや硬めの香り高い蕎麦と、そこに絡む粘りの強い長芋が相まって、蕎麦を食している満足感が得られます。
因みに、繁忙期であっても二人で店を回している様なので、ご利用の際は時間に余裕をもって来店してください。

ホテルでの夕食は予約の都合上ビジネスプランとなったので、バイキングでの食事となりました。
内容は一般的なバイキングメニューの他に、刺身や塩辛などの海産物のメニューも揃えてありました。
今回の食事に宛てた酒は地元ではなく埼玉の酒で、山田錦を使用した中口酒であり食中酒にいい感じの酒でした。


今回の宿:歌登温泉 うたのぼりグリーンパークホテル
 温泉・食事は上記の通りであり、部屋は新しく高階層の新館と格安の旧館が用意されています。
 コインランドリーも安めに設定されていますが、一つしかないので順番待ちの為に早々に回収する必要があります。
 旧館の方はトイレ・冷蔵庫・洗面台・風呂が共用ですが、旅慣れしている人は問題ないと思われます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/461-3445b055
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ