FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
終日強い雨の降る中、風にも打たれながら歌登-音更の300kmの移動になりました。
雨具を脱ぐ気力も無いので目的地に早く着く事が出来ますが、ノルマごなしの走行みたいになってしまいます。

十勝川温泉街
十勝川温泉街
富士ホテルモール温泉
富士ホテル温泉
今回宿泊した十勝川温泉はモール温泉と言って、こことドイツの二箇所しかない温泉で石炭層から湧出する温泉です。
温泉街自体は道道沿いに大型ホテルが点在しており、中心部には総合レジャー施設のガーデンスパ十勝川温泉があります。

このモール温泉は北海道遺産にも指定されており、音更町のカントリーサインにも用いられています。
モールが亜炭や泥炭と言う意味があり、亜炭成分を含んだ温泉が湧出するので、色はコーラの様な濃褐色です。
温泉はとろみのあるような感覚の僅かに特有の香りがする泉質で、温泉の効果で入浴後も体の暖かさが持続しました。

宿泊した富士ホテルは露天風呂はありませんが、サウナと大きめの湯船が用意されています。
また新たに自家源泉を掘り出したらしく、豊富な温泉が掛け流しになっており、浴室内が少々滑りやすくなっていました。


今回の(゚Д゚)ウマー
豚丼
豚丼
ホテル夕食
富士ホテル夕食
福司
福司
牛玉ステーキ丼
牛玉ステーキ丼
足寄の道の駅の物産館にテナントと入っている熊の子で、豚丼で昼食としました。
冷凍ではない豚肉を使ったとても柔らかくジューシーな肉質で、甘辛いタレと絡んで食欲を満たしてくれます。

富士ホテルはコース料理になっており、北海道特産料理が前菜から順を追って提供されます。
和洋折衷の手の込んだ料理になっており、酒の種類を問わずに合うような感じのメニューになっています。
献立表もイラストを用いた愉快なものになっており、食事の雰囲気も愉しめます。

今回の料理に合わせたのが、釧路の福司 本醸造で吞口としては中口の酒です。
度数13の酒なので淡白な肴にも合いやすく、酒と料理で共に愉しめました。

翌日は日勝峠の麓にあるとかち亭(旧清水ドライブイン)で、新メニューの牛玉ステーキ丼で昼食としました。
十勝牛のサイコロステーキと、それに絡むような半熟かき玉の丼で、牛肉の脂のとまろやかな卵の旨味を愉しめる丼でした。


今回の宿:十勝川温泉 富士ホテル
 温泉・食事は上記の通りで、立地は温泉街のほぼ中心部にあり、すぐ近くにガーデンスパとコンビニがあります。
 バイクは雨の日に風よけ内に駐輪させて貰うことが出来、到着時にバスタオルを持ってきてくれるなどサービスも良いです。
 ビジネスプランで一人でも宿泊することが出来、一人部屋でも冷蔵庫・エアコン・バス・トイレが揃っており、部屋自体も奇麗です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/462-9bbf7b52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ