FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
蔵王温泉の後に、隣県の飯坂温泉へと温泉連泊となりました。
温泉連泊と贅沢な感じですが、格安な旅館のおかげで温泉趣味の数をこなすことが出来ています。


飯坂温泉紅葉
飯坂温泉街紅葉
平野屋温泉
平野屋温泉
飯坂温泉も温泉街の中が丁度紅葉の見頃で、摺上川沿いの広葉樹も奇麗に色づいていました。
足湯のある旧堀切邸も紅葉見頃になっており、その時期に合わせて旧堀切邸秋まつりを行っています。
飯坂温泉内は一方通行が多く通りが入り組んでいるので、3か所ある足湯を愉しみながら徒歩での散策をお勧めします。

今回の宿泊先の平野屋は、オブジェ化している白ケロリン桶下部から温泉が源泉かけ流しになっており、結構湯温は高めです。
湯船に何度も出入りして体の芯まで温まれば、入浴後のビールがとてもおいしく味わうことが出来ます。


今回の(゚Д゚)ウマー
全蕎麦
芭蕉庵全蕎麦
平野屋夕食
平野屋夕食
宮泉
宮泉秋上がり
新中華そば
春木屋新中華そば
飯坂へは七ヶ宿を経由し、七ヶ宿はそば街道の名から蕎麦の名店が多く、今回は芭蕉庵で全蕎麦大盛りで昼食としました。
十割蕎麦特有の香りと口当たりがあり、つなぎなしの固めの太い麺が蕎麦を食した満足感を満たしてくれる一品でした。

平野屋は宿泊費が格安ですが、料理の品数が多く一品一品が手の込んだ料理になっています。
米なすの味噌焼きやリンゴはシナノゴールドなど旬の食材を多く用いており、量が多く酒の肴としても充分に満足できる献立でした。

今回の料理に合わせたのが会津若松の宮泉で、瓶詰後秋まで熟成させた秋上がりの純米吟醸酒です。
宮泉銘醸特有の芳醇フルーティーな呑み口で、味わいもしっかりしており、酒をメインに愉しむことも出来る一献でした。

翌日は荻窪ラーメンの春木屋が郡山にも分店があるので、そちらの新中華そば塩味で昼食としました。
あっさり系の塩味でありながらインパクトのあるスープで、自家製のやや褐色がかった麺に絡んで、食欲を充分に満たしてくれる一品でした。


今回の宿:平野屋旅館
 温泉と食事は上記の通りで、建屋は古過ぎを否めませんが、それ以上に宿泊費が格安のハイコスパ宿です。
 コンビニもすぐ近く駅から徒歩一分の場所にあり、安く、立地も良く、食事も良いので平日は業者の方が連泊している様です。
 部屋は洗面・トイレ・中程度の冷蔵庫があり、道路と反対側の部屋から入れてくれるので静かな環境で過ごすことが出来ます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/467-2dcbc102
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ