FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
15年の付き合いのあったスカイウェイブ650ですが、色々な条件が重なり買い替えとなりました。
晩年は年一回位はトラブルを発していましたが、沖縄を除く全都道府県を相棒として周ってくれました。

旧skywave650
skywave650
新skywave650LX
skywave650LX
スカイウェイブ650は2002年新発売の後、2013年にフルモデルチェンジし、その際に特別仕様車のLXのみとなりました。
エンジンは2013年に最大出力据え置きでトルクと燃費が改善され、2017年に出力が上がった一方、トルクと燃費が落ちました。

排ガス規制のために2017年にエンジンが変わったのですが、2018年11月で生産終了となってしまいました。
スカイウェイブの400と250は、海外名のバーグマン400と200にモデルチェンジして販売されておりますが、650はバーグマンとして国内販売するかは不明です。

旧型スカイウェイブ650は初期ロットを今まで愛用し、そして新型は工場から取り寄せて貰い最終ロットへと乗り換えとなりました。
旧型は結構綺麗に使っていたつもりでしたが、15年も使っていると新車と比べ同じ白でも褪せているような感じです。
外観も典型的なスクーターからスポーツバイクっぽい感じになり、この新顔の相棒と共に全国を周る予定です。


新旧メーター周り
メーター周り
トランク
トランク
旧型スカイウェイブは1年に1万km位走ったので、14万7千kmで引き渡しとなりました。
フルデジタルの旧型からアナログの新型にメーターが変わり、車(ジムニー)とスピード・タコの位置が逆なので当面違和感が拭えません。
また、新型メーターは中央に気温もしくは燃費が表示されるようになったのですが、燃費計は実燃費よりも1.3~1.4km/ℓ位高く出るようです。

ビッグスクーターと言えばシート下の収納ですが、全体的にスリムになり55→50ℓに容量減となった物の、小型のクーラーボックス位入ります。
取説にはフルフェイスのヘルメットが2つ入るとありますが、サンバイザーの付いているアライのCT-Zは1つでも入りません。(旧型は1つなら入りました。)
ヘルメットは100均で売っているワイヤーロックでリアシートに固定すればいいし、クーラーボックスで要冷蔵の酒や肴が持ち運べるのでツーリングに難はありません。

慣らしで400km程走りましたが、低燃費のエコサインが出るように走っているので、真冬でも23~24km/ℓの燃費で走れます。(旧型は今時期19~20km/ℓ位)
旧型と同じようにGIVIスクリーンを付けようとしたのですが、新型2013年以降のスクリーンは楽天でジビ 【GIVI】 D3104ST ウインドスクリーン (スカイウェイブ650/'13-) 【デイトナ 94536 同等】と言う名前で売っている物の、イタリアからの輸入となるので納期が掛かります。
色々ありますが、新相棒も旧相棒と同様大事に使って、15年15万キロを目指して行こうと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/472-54b07407
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ