FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
正月早々ゴタゴタの疲れもあったので、日光温泉で家族で新年会にしました。
日光市内でも、旧今市や東照宮近辺なら雪の心配もありません。

佐貫石仏
佐貫石仏
春茂登温泉
春茂登温泉
ダムカードを集めながら日光温泉まで行き、途中の佐貫頭首工(佐貫ダム)前には佐貫石仏があります。
線画で描かれた石仏であり、バーミヤンの様にはっきり見えるわけではないので、案内板を参照の上確認したほうがいいです。
因みに岩肌上部には奥院の扉があり、先日130年ぶりに御開帳となったことがテレビでも紹介されていました。

ホテル春茂登の温泉は清滝の方から引湯をしているようで、泉質はアルカリ単純泉です。
循環加温の湯船になっており、常時入浴に適した温度に調整されています。
東照宮を含めて散策する箇所は沢山あるので、その散策の疲れを温泉が癒やしてくれます。


今回の(゚Д゚)ウマー
麺らいけん
麺らいけん
春茂登夕食
春茂登夕食
賀茂金秀
賀茂金秀13%
芳賀町に塩ラーメン専門店の麺らいけんがあり、店主の方が大怪我をしてから自家製麺を止めており、リニューアルした様なので行ってみることにしました。
塩味なのにスープは個性強めで、それに合うような麺を選んでおり、別途トッピングにチャーシューを追加し以前と変わらず美味な一品でした。

ホテル春茂登の夕食は部屋食で、肉にお造りに天ぷらと品数多めの食事が提供されます。
割烹旅館として創業したホテルなので、料理の一つ一つが質が高めに作られています。

今回の食事に合わせたのが、広島の賀茂金秀の特別純米13になります。
アルコール13%の軽い呑み口の酒で、生酒のフレッシュな味わいと合わせ食中酒としても充分愉しめる酒でした。


今季あの宿:日光温泉 ホテル 春茂登
 温泉と食事は上記の通りで、東照宮界隈では比較的安価に宿泊できる温泉旅館です。
 部屋には小型冷蔵庫や空気清浄機がおいてあり、断熱や遮音の良い部屋の作りになっているので夜はよく眠れます。
 徒歩圏内にコンビニが二箇所あり、ホテルの内外に土産物店があるので買い出しも困りません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/475-a0ef1162
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ