FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
桜の時期になったので、花見ツーリングとして甲府市まで往復してしてきました。
関東と山梨県の桜開花時期はほぼ同じなので、道中終始桜の花を愉しむことができました。

武田通り
武田神社2019
西関東道
西関東道2019
去年と同様に石和温泉のさくら温泉通りの桜を見て、武田神社参拝後武田通りの桜を見てきました。
さくら温泉通りは散り始めで、武田通りは写真の通り満開でした。
去年は3/31で満開だったので、今年は一週間位開花が遅く、長く愉しめているようです。

山梨県の特産の一つに桃があり、笛吹市は作付面積も広く西関東道からは眼下に桃源郷が広がります。
笛吹市内はフルーツラインやピーチライン等の広域農道があり、桃の花の間を走ることもできます。


今回の(゚Д゚)ウマー
カレーライス
ヘムロックカレー
もりそば
奥藤本店もりそば
青煌&鳥もつ煮
青煌-鳥もつ煮
バイク弁当
バイク弁当
昼食は奥多摩駅近くの喫茶ヘムロックでオリジナルカレーを頂きました。
前日から寝かせたカレーにサラダ数種が乗っており、値段もお手頃で腹も十分膨れます。

夕食は奥藤本店国母店でもりそば大盛りを頂き、ほうとうと鳥もつ煮を持ち帰りにしました。
蕎麦が本業の店なので、香りも食感も良い蕎麦が提供されており、薬味の山葵も辛味が効いています。

宿に帰ってからの晩酌は、持ち帰りの鳥もつ煮を肴に北杜市の地酒青煌で一献と行きました。
青煌は純米生原酒の玄武で、つるばら酵母が美山錦の特性を引き出した、やや辛めの芳醇な酒です。

鳥もつ煮は日本酒にものすごく合い、写真の大盛2~3人前で日本酒が二合以上楽に空きます。
電子レンジで再加熱すると固くなりますが、調理後1時間程度なら再加熱しなくても充分温かい状態で食べられます。
また、鳥もつ煮は味付けが濃いので、コンビニで売っているコールスローと一緒に食べると更に美味しく食べられます(もやし袋位のが売っています)。

帰路は雁坂トンネルを経由したので、大滝食堂のバイク弁当で昼食としました。
写真はノーマルで豚唐揚げが二枚入っており、甘辛い豚唐揚げがご飯と相まって食欲を満たしてくれました。


今回の宿:甲府昭和温泉ビジネスホテル
 甲府近辺で定宿と化しているビジネスホテルで、格安でありながら温泉も入れて朝食も200円で食べられます。
 近辺にはコンビニを含め店舗の類はありませんが、車やバイクで行ける範囲に飲食店があり、館内にも夕食を摂れる食堂があります。
 基本ビジネスホテルなので、シングルの部屋が多めにあり、廊下には電子レンジも置いてあります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/481-a68a3c7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ