FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
新元号に変わる前後でずっと雨続きだったので、九州上陸早々雨天ツーリングです。
チェックインまで時間があったので、雨の中200km以上バイクで走っていました。

呼子大橋
呼子大橋
古湯温泉街
古湯温泉街
昼食後呼子大橋を渡り、呼子を一望できる風の見える丘公園へ行ってきました。
晴れていれば呼子大橋と入江を擁する海岸線を見渡せるのですが、雨天では橋位しか見えません。
呼子大橋は嘗て斜張橋として最長の支間距離であり、走るだけでも愉しむことができます。

古湯温泉街は旧富士町の中心部にあり、国道の旧道が温泉街を貫き、旧道部分はブロック敷の道路になっています。
旅館の多くは路地から入った所にあり、共同浴場はありますが、足湯は休業中のようです。
湯巡り手形で古湯温泉内の温泉を回ることもできるので、散策がてら色々な旅館の温泉にも入れます。

この日は雨の中、厳木、天山、嘉瀬川の各ダムカードを集めました。


今回の(゚Д゚)ウマー
呼子のイカ
呼子のイカ
幸屋夕食
幸屋夕食
佐賀と言えば呼子のイカが有名であり、港からちょっと離れた漁火でイカの活造りコースを食べてきました。
半透明で新鮮なイカを刺身で頂き、刺し身の後はゲソの部分を天ぷらにして2度楽しみます。
他にもイカ焼売や茶碗蒸しなどイカづくしの品が出てきて、味覚も食欲も充分に満たすことができます。

古湯温泉は内陸ですが、宿泊した幸屋の夕食は海産物が多く、魚は佐賀でクツゾコと呼ばれる舌平目の煮付けです。
佐賀といえば日本酒なので、食中酒として佐賀の宗政・能古見・幸娘を飲み比べ、更に聚楽太閤でも料理を愉しみました。
幸屋は日本酒の種類も幾つかあり、料理も日本酒に合うので、酒も肴も進み気分良く酔うことができます。


今回の宿:民宿幸屋
 古湯温泉は基本一人では泊まれませんが、幸屋は御一人様歓迎であり、古湯温泉内でも格安で宿泊できる民宿です。
 温泉は湯船がプラのバスタブですが、低温のぬる湯で長く入っていられ、浸かっていると皮膚にぬめりが出てアルカリ泉を堪能することができます。
 雨の日は近くのタクシーの駐車場を間借りさせてくれるので、雨の日にバイクで行っても安心です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/484-0f64ecef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ