FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
この日も雨の中を、佐賀市→えびの市の200km以上の移動です。
平成から令和の改元を、初代天皇生誕の地日向国で迎えました。
(神武天皇生誕は、えびの市の2つ隣の高原町らしいです。)

加久藤温泉養殖池
加久藤温泉養殖池
大浴場
加久藤温泉大浴場
えびの市の温泉街と言えば京町温泉ですが、京町温泉からえびの高原に向かう途中に一軒宿の加久藤温泉があります。
建屋の周りを池で囲まれている形になっており、常時千匹以上の鯉が養殖されているようです。
提供される食事は鯉料理で、潤沢な山水の流水で養殖されており泥臭さはありません。

温泉大浴場は手前のタイル張りがあつ湯で、奥の岩風呂がぬる湯になっており、ぬる湯は源泉温度で長湯が愉しめます。
廉価な日帰り入浴もやっており、2千円以上の食事を取ると温泉は無料で入れます。
泉質は単純泉で、神経痛や筋肉痛など一般的な温泉の適応症になっています。

この日は廃ダムとなった荒瀬ダムのダムカードを入手し、ダム撤去前後がレンチキュラー印刷になっている珍しいカードでした。


今回の(゚Д゚)ウマー
ラーメンまる孔
ラーメンまる孔
加久藤温泉夕食
加久藤温泉夕食
熊本は玉名ラーメンが有名ですが、お隣の長洲町にあるラーメンまる孔 でピリ辛のラーメン赤を食べました。
豚骨ラーメンですが思ったよりもあっさり系の味わいで、替え玉を頼んだ後スープまで全部飲めます。
価格も廉価で、駐車場は地元ナンバーの車が多く止まっていました。

加久藤温泉の食事は1.6~4千円のコースがあり、宿泊者は2千円位のコース料理が提供されます。
刺身、丸揚げ、鯉こく等、鯉料理が一通り出てきて、他では高額な鯉料理がここでは安価に愉しめます。
食事に合わせたのが地元えびのの焼酎明月で、芋の香りが鯉やヤマメの肴に程良く会います。


今回の宿:加久藤温泉
 温泉と食事は上記の通りで、部屋は洗面のみの6畳の和室です。
 建屋入口に大きめのカーポートが設置されているので、車・バイクを問わず雨の日でも濡れる心配はありません。
 周りは山以外にないので、買い出し・給油等は道の駅えびの近辺で済ませておいたほうがいいです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/485-93afb2c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ