FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
令和になって初めてのツーリングは、えびの→日置の移動となりました。
この日も余り天気に恵まれなかったので、鶴田ダムに立ち寄ってのツーリングです。

吹上浜
吹上浜
吹上温泉(新湯温泉)
吹上温泉
吹上温泉の近くには三大砂丘の一つである吹上浜があり、長さ47kmにも及ぶ長さは日本一の長さです。
砂丘の幅はそれほど無く、駐車場からすぐに海に出られるので、天気のいい日は水平線に沈む夕日が見られるそうです。

吹上温泉は単純硫黄泉でありながら非火山温泉であり、黒い湯の花が特徴の微かに硫黄臭のする温泉です。
温泉宿5軒の内4軒が日帰り利用が可能で、今回泊まった新湯温泉は地元の方がひっきりなしに来ていました。
源泉温度が高めの温泉が掛け流しになっっており、温度を下げて利用するための小さな湯船が併設されています。


今回の(゚Д゚)ウマー
鶴田ダムカレー
鶴田ダムカレー
吹上温泉夕食
吹上温泉夕食
大海黒麹
大海黒麹
鹿児島で休日にダムカードを配っている唯一のダムが鶴田ダムで、ダムの近くに資料館併設の食堂があります。
ダムに関するメニューが幾つかあり、今回は堰堤の形も再現したダムカレーで昼食としました。
重力コンクリートダムらしくライスが結構あったので、食欲も充分に満たせました。

新湯温泉旅館の夕食は海と山の食材がバランス良くあり、肉も魚も両方愉しめるメニューでした。
夕食に合わあせたのが鹿屋市の焼酎大海黒麹で、ロックで飲んでも芋の香りを愉しめる一献でした。
地元の食材を肴に、芋焼酎を傾けることができるので、酒も食事も進みます。


今回の宿:吹上温泉 新湯温泉旅館
 温泉と食事は上記の通りで、宿に宿泊すると日帰り温泉が入り放題のような感じの旅館です。
 バイクは屋根のある物干し場に止められ、コインランドリーもあり乾燥機はガス乾燥機なのでよく乾きます。
 買い出しは近くに地元スーパーが有り、コンビニは国道沿いにあります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/486-0fd427bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ