FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
前日に高千穂峰の麓に宿泊したので、この日は高千穂町の神社に参拝です。
令和の新時代になったので、天孫降臨の高千穂峰と高千穂町の神気に当たってきました。

天安河原
天安河原
筋湯温泉街
筋湯温泉街
天岩戸神社は本殿に見えるものは遥拝所で、宮司の方のお祓いを受けた後、御神体の天の岩戸を参拝できます。
西本殿の奥には八百万の神が神議を開いたと言われる天安河原があり、令和の記念なのか、この日は参拝客が行列を作っていました。
この後、高千穂神社を参拝し、今回は時間の都合上高千穂峡には行きませんでしたが、余裕があれば高千穂峡は徒歩圏内です。

前回筋湯温泉に来た時は、熊本地震の時で人も疎らでしたが、今回は日帰り客を含め多くの人が見受けられました。
筋湯温泉といえば日本一の打たせ湯があり、大黒屋の宿泊者は300円の入場コインが100円で買えます。
典型的な山間の鄙びた温泉街であり、夕方以降は温泉街が静寂に包まれ、精神的な疲れが癒やされていきます。


今回の(゚Д゚)ウマー
十割蕎麦
十割蕎麦
大黒屋夕食
大黒屋夕食
八鹿
八鹿
天岩戸神社の帰りにおたに家で、地元の神楽そばと宮崎地鶏を使った親子丼のセットで昼食にしました。
手打ちの十割蕎麦は適度な歯ごたえと香りを愉しめ、半熟卵に絡む地鶏肉の親子丼と共に充分に食欲を満たせてくれました。

大黒屋の夕食は地元豚のしゃぶしゃぶで、今回は馬刺しも付けて酒の肴としました。
肉も野菜も結構な量があり、酒のあてとしても充分に楽しめ、締めのおじや迄美味しくいただけます。

夕食の酒に選んだのが地元九重町の八鹿の生貯蔵酒で、呑み口は中口からやや辛口よりです。
個性は弱めで料理の味を引き立てる様な感じで、適度な酔いが鍋の完食を促してくれます。


今回の宿:筋湯温泉 大黒屋
 料理は上記の通りで、温泉は5箇所あり全てが貸切風呂として利用することができます。
 温泉街内の売店はスナック菓子とワンカップ酒位なら買えますが、コンビニ等は街の中心部迄行かないとありません。
 宿自体は古いのですが、古民家再生のような瀟洒な造りで、温泉街の鄙びた雰囲気と共に旅情を掻き立ててくれます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/489-a9af2328
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ