FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
未走区間踏破も兼ねて、この日は温根湯温泉から遠別町の旭温泉まで走りました。
道北地方でテッシ武四郎カードの配布も知ったので、途中からこのカードも収集に入りました。

サンルダム
サンルダム
キタキツネ
キタキツネ
国道40号線と並行して道道101号線が走っており、終点の下川には道内で一番新しいサンルダムがあります。
去年できたばかりなので真っ白な堤体が目に映え、資料館併設で休憩も取れます。
道道101号線は原生林の中を走り、マイペースで縦走できますが、住宅の類も殆どないので事故には気をつけてください。

北海道に行けばキタキツネがウロウロしていますが、中にはダムの管理所などを棲家にしているキツネもいます。
管理所の人が言うには、オコジョやテンの他ミンクやアライグマなどの外来種と喧嘩することがあるらしく、キタキツネも生存競争は熾烈なようです。

夕暮れのオロロンライン
オロロンライン
旭温泉浴場
旭温泉浴場
オロロンラインは西側に海があるので、夕方に走ると夕映えのゆるいアップダウンの直線路を走ることができます。
日の入りまで待てば利尻島をシルエットにした夕日が見られますが、チェックインの時間もあるのでこの日はパスしました。

遠別町にある旭温泉は、ハロゲンイオンが多いモール温泉の旭の湯と、茶褐色濁り湯の食塩泉である富士見の湯が愉しめます。
日を跨いで男女浴室の入れ替えがあるので、内湯や露天風呂の形状が違い、またサウナもあるので色々な温泉が満喫できます。
広い休憩室があり食事も取れるので、地元の方が多く来ていました。


今回の(゚Д゚)ウマー
下川うどん
下川うどん
旭温泉夕食
旭温泉夕食
下川町は冷涼な気候から上質な小麦が取れ、その小麦を使った下川うどんが名産であり、その名産を天ざるうどんの形でみなみ家で食べてきました。
食べごたえ充分なコシのある手延べうどんで、地産品の天ぷらと合わせて十分満足の行く一品でした。

旭温泉は夕飯の品数が多く、お造りや煮付けも海産物が多く、小鍋は道北沿岸名物のたこしゃぶでした。
冷酒として提供されたのは國稀(多分佳撰)であり、料理の味を引き立てる淡麗でやや辛口の酒です。
ビールや焼酎など他にも酒の種類は色々あったので、地魚を肴に充分に食事と酒が愉しむことができます。


今回の宿:旭温泉
 温泉と食事は上記の通りで、外観は山小屋風な建屋ですが、中は新しく綺麗であり部屋にはエアコンと冷蔵庫が備え付けてあります。
 情報誌にはライダーは格安で泊まれる部屋があるとの事ですが、大広間に空きがないと開放していないらしく、繁忙期はライダールームでの宿泊は無いようです。
 立地は遠別町と初山別村それぞれ街中の中間位にあり、店舗の類も街中にしか無いので、買い出しや所用はそちらで済ませておいたほうが良いです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/500-a18d0c4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ