FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
3年位前にも電源ボタンが陥没し修理したF-01Fのスマホですが、再度電源タンが陥没してしまいました。
メーカー修理期限も過ぎて修理もしてもらえそうもないので、自力で修理してみることにしました。

ケース開封
F-01F01
基盤とボタン
F-01F02
このスマホだけではなく、他にもボタン陥没の症状で使用不能に成っているスマホが多くあるようです。
ケースを開封してしまうと防水機能もなくなり、保証も無くなるのでメイン端末は別に用意しておきます。

ケースの開け方は液晶画面とケース(裏蓋)の間に隙間があるので、そこにツメを刺しヘラ等を使って隙間を広げます。
防水パッキンを兼ねている粘着剤が基盤周囲に巡らされているので、精密ドライバー等で粘着剤を剥がしていきます。
ケースは基盤にツメで引っかかっているような感じなので、ゆっくり引っ張ればケースが外れます。

写真右が基盤のボタンですが、音量ボタン(黃丸)はケースボタンとの接続部品が付着していますが、電源ボタン(赤丸)は部品が脱落しています。
接続部品は厚さ0.5mm位のプラスチック片なので、適当なプラスチック片を0.5mmの厚さに切断し、電源ボタンに両面テープで貼り付けました。

今度は逆方向にケースのボタンが脱落しないように、基盤にケースを被せていきます。
結果として電源ボタンがカチカチとした感覚になり、電源がON OFF出来るように成ったので修理は成功しました。

メインスマホは別に購入したので、MVNOのSIMを刺してカーナビ代わりにするために工場出荷状態に戻しました。
しかしGoogle Mapが異常に重く、ナビが起動してもGPSが上手く補足できないので、ナビとしての再利用はできませんでした。

以前にMVNO仕様化したMOTOROLA PHOTONがあるので、3Gのサービスが続く限りこちらをナビとして使います。
F-01Fがナビとして使えないのは、以前に修理した際にAndroidが4.2→4.4にアップグレードしたため、初期状態のGoogle Mapでもメモリリソースが足りなくなっているような気がします。

普通にテキストファイルや画像読み込みは出来るので、Wi-Fiで接続して新聞代わりに使っていこうかと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/518-dbe43014
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ