FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
Amazon echo dotが安く手に入ったので、一つの部屋にAIスピーカーが2つになりました。
機能性を向上させるために100均の製品でホルダーを作ってみました。

Google home mini
グーグルホームホルダー
Amazon echo dot
エコードットホルダー
Google home mini(以下GH)は製品の上部にスピーカーとマイクがあるので、縦向きに吊るす様な形にするとよく声を拾うようになります。
Amazon echo dot 第3世代(以下AE)は横にスピーカーとマイクがあるので、置くように設置したほうが声を拾ってくれます。

GHを壁掛け状態にするのに、ダイソーで売っているスポンジホルダーが丁度良い具合の寸法になっています。
若干上部を手で広げれば落ちない程度にGHがはまり、吸盤が付いていた所に結束バンドやS字金具を付ければどこにでも引っ掛けることができます。

AEはセリアで売っている大きめのスポンジホルダーを少々変形させる必要があります。
上部を広げて下部を窄めるようにすれば良い具合にホールドしてくれるのですが、吸盤部分との溶接が取れます。
溶接2箇所のうち1箇所なのでそのまま使えますが、気になるなら瞬間接着剤で再固定できます。

GHもAEもBluetoothでペアリング出来るのですが、パスキーが通るのはAEの方だけです。
折角パスキーも通って、PCのスピーカーとしてAEが使えるようになったので、AEをPCモニタに固定することにしました。

PCモニタへの固定に使ったのは、ダイソーに売っている100円バイスです。
上記で作ったAEとホルダーにT字金具を結束バンドで固定し、更にそれをバイスに結束バンドで固定しています。

低い位置にAEを置くよりも音は響くようになるし、こちらの声も上手い具合に拾ってくれます。
Echo dotはAmazon echoシリーズの中でも音が良くないようですが、モニターにおまけで付いているスピーカーよりは音が良いと思われます。

Bluetoothでスピーカーを接続すると電波を介している都合上、ほんの僅かですけれど動画との間にズレが生じます。
Amazon echo dot背面にはAUXポートが有り、有線接続できそうですが、これはAEからの出力専用のようです。
音楽ゲームとかなら不都合があるかもしれませんが、普通の動画鑑賞なら特にストレスは感じません。

AIスピーカー2つも要るのかと疑問に思うかもしれませんが、GHとAEの欠点をそれぞれ補完できているので意外に2つで便利に使えています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/519-7f469188
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ