FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
GW中、外出自粛で暇を余していたので自宅のスマート化を進めていました。
手持ちのスマートスピーカーとスマートリモコンの特性が分かってきたので、備忘録として記しておきます。

Google Home デバイス
Google Home 設定2020
Amazon Echoデバイス
Amazon Echo設定2020


ウチの場合は、居間はGoogle Home Mini のスマートスピーカーと、 ORVIBO MagicCube のスマートリモコン。
寝室はGoogle Home MiniとAmzon Echo Dotの2台のスマートスピーカーと、SWE製のSMRUFO01のスマートリモコンをセットで使っています。

スマートスピーカーの特性
・Googole Home Mini
 ◎手持ちの音楽を無料でスピーカーから流す事が出来る。
 〇検索エンジンからの派生なので検索機能が優秀。
 〇操作アプリが直感的で操作しやすい。
・Amazon Echo Dot
 ◎コツはいるがスマート家電を細かく設定することができる。
 〇BluetoothでPCのスピーカーとして使用できる。
 〇スキル使用により色々な拡張機能がある。

スマートリモコンの特性
・ORVIBO MagicCube
 登録した家電:Google homeはコンセント(スマートプラグ)、Amazon Echoはリモコン家電として認識される。
 〇Google Homeのルーティンにデバイスとして認識される。(ON・OFFのみなら充分)
 △細かい設定はシーン登録で可能なものもある。(できないのもある)
 △エアコンはTVで認識させ、OFFは電源、暖房・冷房とそれぞれの必要な温度を適当なボタンで認識させ、シーン登録すれば使用可能。
・SWE SMRUFO01
 登録した家電:Google HomeもAmazon Echoもリモコン家電として認識される。
 〇Amazon Echoでは特に追加設定なく「テレビ 5チャンネル」等で細かい操作が可。(Google Homeは電源のみ)
 △Amazon Echoではテレビとして認識させる事によりPCモニターのON・OFFも可。
  Google HomeはTV・モニター両方ON・OFFされるので、モニターは無所属のグループにする。
 ×三菱電機のTVは認識できない。


まとめると、毎月課金なしで音楽が聴きたいならGoogle Home、スマート家電(スマートホーム)を使いこなしたいならAmazon Echoの方が優れている様です。

スマートリモコンは使いこなせれば便利なのですが、廉価盤の物は大概中国製です。
対応家電は不明瞭なので運否天賦、マニュアルも不親切なので自力で且つ手探りで設定していくしかないようです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/531-cf2faaff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ