FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
コロナ拡大でGoToが緊急停止されたので、停止前にいわきの湯本温泉に行ってきました。
いわきも鮟鱇が有名なので、鮟鱇鍋と温泉を満喫してきました。

塩屋崎
塩野崎
湯元温泉足湯(鶴の足湯)
湯本足湯
一般道でも3時間程で湯元温泉に行けるので、余った時間で塩野崎灯台の方へ観光に行ってきました。
震災後は到達困難な塩屋崎でしたが、今は道路が整備され灯台への階段を登ると長汀曲浦を眼下に望む事ができます。

その後は湯元温泉街に向かい、温泉街を散策しました。
湯本温泉街には駅前と北に10分ほど歩いた所に鶴の足湯があり、鶴の湯足湯はあつ湯とぬる湯があります。
双方の足湯共に近くにコンビニがあり、クーポンも使えて買い出しも出来るので充分散策を愉しめます。


うお昭温泉
うお昭温泉
うお昭和室
うお昭部屋
うお昭の温泉も湯本温泉の標準的な温泉で、微かに硫黄の香りする硫黄泉です。
大浴場は最上階にあり湯元温泉街を一望できる浴室で、温度はややぬるめです。
家族風呂も無料で利用できるので、あつ目の温泉に入りたい方は家族風呂を利用してください。

うお昭の部屋は和室の作りで、冷蔵庫、洗面、トイレ、Wi-Fiと一通り揃っているので室内だけで一通り用が足ります。
駅前ですが騒音も感じませんし、客同士が離れる部屋の配置もしてくれるので、静かな環境でゆっくり休む事が出来ます。


今回の(゚Д゚)ウマー
大天盛蕎麦
うらじ大天盛蕎麦
うお昭夕食
うお昭夕食
太平桜
太平桜絆
地魚海鮮丼
日立海鮮丼
いわきに行く途中で、久しぶりに高萩のうらじにて大天盛蕎麦で昼食としました。
相変わらず長くて食べづらい蕎麦ですが、蕎麦自体は美味で、大盛りで普通の二人前以上はあります。
並盛でも蕎麦は多めなので、蕎麦少な目で注文もできるようです。

うお昭は前身は魚屋の様で、メインの鮟鱇鍋を始め煮魚・焼魚の他、色々な創作料理を愉しんできました。
一人でも鮟鱇鍋は土鍋で提供し、他の皿も趣向を凝らした料理なので、量は多めで充分食を満喫できます。

今回の食事に合わせたのが、湯元温泉に近い太平桜酒造の絆で、呑み口は中口程度の純米酒です。
メニューにはフルーティーと紹介してありましたが、そんなに香りも強くないので海鮮料理の食中酒に合う酒でした。

翌日は道の駅の日立おさかな市場に行き、地魚の海鮮丼で昼食としました。
8種類の地魚の海鮮丼にのどぐろの唐揚げも付いていながら千円で、ハイコスパの美味な一品に舌鼓を打ちました。


今回の宿:いわき湯本温泉 魚々彩々 旬味の宿 うお昭
 温泉と料理は上記に示した通りで、現金決済をするとGoToとは別に一人当たり千円のいわき市内で使えるクーポンが貰えます(1/31迄)。
 湯本駅から一番近い温泉旅館なので駅前で買い出しが出来、南に徒歩10分ほどの所には日本酒の揃いが良い店舗もあります。
 車ならば物産館のららミュウや水族館のアクアマリンふくしまにもアクセスできるので、湯元温泉は観光には便利な立地にあります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/551-fe167f4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ