FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
南関東の緊急事態宣言も解除されたので、2年ぶりに山梨までツーリングに出かけてきました。
この時期の山梨は桜と共に桃の花も楽しめるので、バイクで走るだけで目を楽しませてくれます。

ピーチライン
ピーチライン2021
さくら温泉通り
さくら温泉通り
塩山から石和温泉方面に向かうと、広域農道のピーチラインを通過できます。
名前の通り道の両側に桃園が広がるので、桃の花見をしながら走ることができる様になっています。

一昨年までは散り始めの花筏の石和温泉さくら通りでしたが、今年は満開の状態の桜並木を見ることができました。
川を下った所に鯉やマガモが住んでいるので、タイミングが良ければ桜とのいい写真が撮れるかもしれません。


武田通り
武田通り2021
宏池荘温泉
宏池荘温泉
甲府の桜の名所として武田通りがあり、街中から武田神社に至るまでの直線道路が満開の桜で満たされます。
今年は武田信玄生誕500周年の年であり、神社へ参拝し記念館を見学すれば造詣を深めることもできます。

今回宿泊したのは塩山温泉の宏池荘であり、浴槽は源泉の鉱泉と沸かした温泉の二つでできています。
サウナに入るような感じで温泉で十分に温まった後、鉱泉でクールダウンするようにすれば体の芯から温まります。


今回の(゚Д゚)ウマー
特製もりそば
特製もりそば
鶏肉ほうとう
鶏肉ほうとう
笹一
笹一純米吟醸
馬刺し
馬刺し
そばセット
牧丘そばセット
初日の昼食は狭山市の優勝軒にて、看板メニューの特性もりそばを中盛で食べました。
コシのある麺と沢山の具材で食欲が満たされ、つけ汁も濃いめなので汗をかいた時には絶妙な一品でした。

宿は素泊まりだったので、甲州市にある完熟屋にて鶏肉ほうとうにて夕食としました。
沢山の野菜とアクセントとして鶏肉が入っており、特製の味噌の汁がほうとうに絡み美味な鍋でした。

今回の宿での晩酌に選んだのが大月市の笹一で、富士の御前水で仕込んだ純米吟醸酒になります。
中口程度の吞口でありながら味も香りもインパクトがある酒で、中庸~淡白系の肴によく合う酒です。

上記の酒に合わせたのが山梨のスーパーでよく売っている馬刺しで、集めたマンホールカードを見ながら一献傾けていました。
赤身肉でありながら食べごたえはあり、酒は進みますが、写真の量で2合の酒を飲んだら二日酔いになりました。

翌日の昼食は道の駅まきおかで食べたそばセットで、蕎麦と肉丼がセットになっています。
二日酔いは治りましたが気分は晴れなかったので、消化の良い蕎麦を選び、食い足りない分は肉丼でいい具合に補填されました。


今回の宿:塩山温泉 宏池荘
 料理が自慢の宿で基本食事付きですが、古い旧館は格安で素泊まりも受け付けています。
 日帰り入浴も受け付けており、22時~7時は大浴場の入浴できませんが、貸し切りの露天風呂は夜も入れるようです。
 塩山駅から歩けない距離ではありませんが、買い出しや観光は車やバイクがないと辛いかもしれません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/557-d0005372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ