FC2ブログ
画像をクリックすると大きい画像が出ます。
休日を利用して奥塩原温泉のの新湯へ行ってきました。
塩原温泉は単純泉ですが、元湯を含め奥塩原温泉は濁り湯の硫黄泉です。

湯荘白樺・爆裂火口
湯荘白樺
白樺浴場
白樺温泉
今回宿泊した湯荘白樺は噴気を上げている爆裂火口に一番近い宿で、建屋のすぐ隣が爆裂火口になっています。
源泉は建屋の後ろ側にあり、この源泉から宿と共同浴場の中の湯に温泉が分配され、泥パック用の湯泥の採取もしています。

温泉の酸性がが強いので、白樺の浴室はカランと手すりを除いて木でできています。
写真の左手に見えるバケツの中に湯泥が入っており、泥パックをして洗い流せば高濃度の温泉成分が体に染みます。
白樺の源泉温度はかなり高めなので、入るタイミングによっては熱すぎるかもしれないので御注意ください。


中禅寺ダム
中禅寺ダム
華厳の滝
華厳の滝
翌日は日光方面に向かい、いろは坂を登って中禅寺湖方面へ行ってきました。
中禅寺湖の水位を調整する中禅寺ダムが中宮祠交差点近くにあり、その下流に華厳の滝がある形になっています。

今の時期は中禅寺湖の水位が低いので、ダムからの放水が少なく華厳の滝は右写真のような感じです。
雪解け水などでダムの上端まで水位が上がれば、放水量も増えるので華厳の滝の幅も大きくなります。


今回の(゚Д゚)ウマー
けんちん汁とそば
けんちん汁とそば
白樺夕食
白樺夕食
奥出雲
奥出雲
初日の昼食は那須塩原市の板室地区にあるやしおで、けんちん汁とざるそばのセットを頂きました。
けんちんそばが新メニューとありましたが、汁と蕎麦は別に食べられ、音威子府産の香る蕎麦と具沢山のけんちん汁で味も量も満足でした。

宿泊した湯荘白樺は宿泊料は格安でありながら部屋食で、写真の通り品数多めの夕食が提供されます。
山菜のてんぷらや、豚肉と野菜の陶板焼きなど山の食材をメインに、肴として酒が進む献立でした。

夕食に合わせたのが塩原温泉街で購入した島根の奥出雲で、吞口はやや辛口の純米酒です。
典型的な食中酒の酒で、酒の個性はありますが余韻は少なめなので、料理の味を引き立ててくれる一献でした。


今回の宿:奥塩原温泉 湯荘 白樺
 温泉と料理は上記の通りで、源泉温度が高めなのか朝食に出てきた温泉卵は固ゆで手前位になっています。
 奥塩原温泉は山の中で店舗の類はないので、手前の塩原温泉街にて買い出しや食事は済ませておいたほうがいいです。
 新湯に宿泊した方は新湯内にある共同浴場が無料で利用でき、徒歩圏内なので浴衣ではしご湯するのも一興です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lucky777joker.blog112.fc2.com/tb.php/559-037abd79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ